Fbay/エフベイは閉鎖で見れない?代わりの後継サイトは?

エフベイFbayは閉鎖で見れない?代わりの後継サイトは?【画像】 違法漫画サイト
スポンサーリンク

無料で漫画が読めることで知られている、「Fbay(エフベイ)」

違法で漫画をアップロードしていることでも知られている海賊版サイトですが、無料で漫画が見れることから利用者が絶えないのも事実。

ひそかに人気を集めているFbayですが、閉鎖で見れないと噂になっているようです。

Fbayは、現在閉鎖されていて見れないのでしょうか?

代わりの後継サイトがあるのかも、気になるところ。

そこで今回は、Fbayは閉鎖で見れないのか、閉鎖理由や代わりの後継サイトはあるのかについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

Fbay/エフベイは閉鎖で見れない?


海賊版漫画サイトだと知りながらも、利用者が絶えないFbay。

でも、閉鎖しているという噂があります。

Fbayは、閉鎖で見れないのでしょうか?

Fbay/エフベイは閉鎖で見れない?

Fbayは、無料で漫画が見れると立ち上がった海賊版漫画サイト。

2021年12月に立ち上がった無料漫画サイトですが、2022年1月には閉鎖になってしまったようです。

2022年6月現在も、閉鎖のままFbayで漫画を見ることはできません。

Fbay/エフベイとはどんなサイトなの?

Fbayとは、無料で漫画が読めるサイトです。

無料でいろんな漫画が読めるわけですから、利用者がいるもの当然ですよね。

ただこのFbayは、許可なく漫画をアップロードしている海賊版の漫画サイト。

Fbayは、同じく海賊版の漫画サイト「漫画BANK」の後継サイトだと言われています。

漫画BANKは出版業界大手の「集英社」から、開示請求を受けて突然閉鎖された無料漫画サイト。

違法だと摘発されれば、漫画BANKの運営者は逮捕されます。

違法サイトだという証拠をつかまれる前に、閉鎖されたのでしょう。

漫画BANKが閉鎖された2週間後に誕生したのが、漫画bay。

ただ、漫画bayは漫画が見れるようになることなく2日で閉鎖。

そして誕生したのが、Fbayなんです。

とても安全なサイトとは言えません。

スポンサーリンク

Fbay/エフベイの閉鎖理由は?


漫画BANK閉鎖後1か月程度で立ち上がった、Fbay。

でも、その1か月半後には閉鎖しています。

Fbayの閉鎖理由は、何なのでしょうか?

Fbay/エフベイの閉鎖理由は?

Fbayは、漫画BANK閉鎖後に立ち上がった後継サイトだと言われています。

漫画BANKは集英社が開示請求をしてきたことで、突然閉鎖されました。

漫画BANKの閉鎖理由としては、運営者が特定されるのを避けるためだったのでしょう。

そのあとに漫画bayが立ち上がったのですが、こちらは漫画が見れることなく2日で閉鎖。

さらに後継サイトFbayが立ち上がったのですが、漫画BANKのように違法性が指摘されたことにより閉鎖されたのだと考えられています。

漫画は見れるものの、不具合が多くて使いにくいという口コミが多数寄せられていました。

Fbay/エフベイ利用のリスクとは

Fbayは無料で漫画が見れることで利用者もいますが、利用する側も危険がいっぱいなんです。

Fbayは海賊版サイトであることから、ウイルスに感染するリスクがとっても高いのだとか。

ウイルスソフトを入れている人でも、全てのウイルスに反応してくれるかはわかりません。

気づかないうちにウイルスに感染して、そのウイルスを拡散してしまう可能性もあります。

違法サイトを利用していたら、犯罪の加害者にだってなることも。

他にも、Fbayに表示される広告も危険。

広告をクリックすることで、フィッシング詐欺にあう可能性もあるんです。

個人情報が盗まれて、悪用されたり犯罪に使われるかもしれません。

乗っ取りやなりすましなんかにあうと、友人や家族、知人など周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

そんなリスクをおかしてまで、違法漫画サイトを見るメリットはないですよね。

スポンサーリンク

Fbay/エフベイが閉鎖後代わりの後継サイトは?


1か月半で閉鎖してから、いまだに見ることができないFbay。

Fbayの代わりになる、後継無料サイトはあるのでしょうか?

Fbay/エフベイが閉鎖後代わりの後継サイトは?

Fbayは、漫画BANKの後継サイトだと言われていましたよね。

細かく言えば、漫画BANKの閉鎖後に後継サイトとして誕生したのが「漫画bay(Combay)」。

漫画bayはわずか2日で閉鎖。

その後、立ち上がったのがFbayです。

そのFbayも、2か月もたたないうちに閉鎖。

そしてその後継サイトとして、漫画PLAYが誕生しています。

漫画PLAYが閉鎖されるのも、時間の問題でしょうね。

このように、無料漫画サイトは閉鎖しては名前を変えて存続し続けようとしています。

Fbay/エフベイが閉鎖後の後継無料サイトについて

漫画bayの閉鎖後に誕生したのは、Fbay。

そして、そのあとに誕生したのが漫画PLAY。

海賊版漫画サイトは、このようにして次から次に後継サイトを立ち上げているんです。

そして、Fbayの代わりになる後継無料サイトが他にもいくつかありました。

Rawdevart

SenManga

MangaZIP

Rawkuma

Managa Rock

これらの無料漫画サイトは、Fbayの後継無料サイトと言われています。

ということは、これらはすべて海賊版サイト。

違法で漫画のアップロードをしている可能性が高いです。

これらのサイトを利用することは、ウイルスに感染したりフィッシング詐欺にあうリスクを負うことを頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

Fbayは閉鎖で見れないのか、閉鎖理由や代わりの後継サイトはあるのかについてもご紹介してきました。

Fbayは、2022年6月現在も閉鎖されていて見ることができません。

Fbayは漫画BANKが閉鎖したことで誕生しましたが、漫画BANKが違法性を指摘されていることから後継サイトであるFbayも閉鎖したと考えられます。

そして現在は、漫画PLAYとして立ち上がっているようです。

閉鎖しては復旧を繰り返す、海賊版漫画サイト。

無料で漫画が見れるとはいえ、リスクも考えたうえで安全なサイトを利用することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました